CSR活動

【CSRの3つの理念】

表参道司法書士事務所は明治神宮と共に、繋がれた「100年」を次の「100年」にという想いのもと「健全な価値観に基づく、健全な成長による、健全な利益により社会に貢献する」という、理念のもと、CSR3つの柱を掲げています。
 

そして、表参道司法書士事務所Core Valuesである

1 お客様に焦点を当てること
2 縁ある人を大切にすること
3 圧倒的な信頼を得ること
4 成長できる環境を創ること
5 互いの価値を認め合うこと

の実現のため、CSR活動を通じで、Core Valuesの精神を実行していきます。

点字入り名刺の導入

佐藤貴弘点字名刺

表参道グループでは、スタッフ全員が点字名刺を使用しております。

点字名刺は障がいのある方が作成しており、作成費用は全て障がいのある方の所得となっております。

 

障がい者の支援施設である就労支援B型事業所における、平均工賃は月額約14.000円です。

しかしながら、最低限の経済自立ができるとされている工賃は月額30.000円と試算されており、現状としてその金額に足りていません。

 

障がいのある方の「働く環境」を充実させることで、この問題を解決したしたいという想いのもと、表参道グループでは点字名刺を取り入れることに致しました。

 

「名刺」は多くの人が渡し、多くの人が受け取るもの。

 

点字名刺が広がっていくことで、障がい者支援にも繋がればと願っています。

東日本大震災・熊本地震復興支援

東日本大震災・熊本地震により被害を受けた方々への支援を行うため、日本赤十字社をはじめ、各都道府県の災害対策本部、イベントを通じて震災支援をしている団体等を通じて不動産登記業務の売上の一部を寄付をいたします。

 

表参道司法書士事務所は被災者の救済ならびに被災地の1日も早い復興に向けて、継続的な支援活動を行って参ります。

表参道司法書士事務所は、「ローカルデリ」と共に、地方の社会福祉活動、地方活性化の活動を支援しております。また、売り上げの一部から、ローカルデリを通じて地方・地域の食を、社会福祉団体・児童養護施設へと寄贈させて頂きます。

代表司法書士 佐藤貴弘
資格

 

2013年 司法書士資格取得

昭和61年3月8日 
広島県広島市出身

 

千葉テレビの「ホリプレゼンツ求人任三郎がいく!」にて代表佐藤貴弘が芸人のホリさん、久野アナウンサーと共演致しました。(2017/7/7放送)

 

 

社長ストーリー「正しい情報で日本の相続・遺言を変えていく」

 

【専門分野】

事業承継・相続対策

・少数株主対策。

・株式買取請求対策。

・種類株式設計。

・事業承継における特別受益と遺留分減殺請求対策。

 

15歳で単身 広島から上京

18歳で通信高校を卒業

フリーター生活を送る中、19歳の時に交通事故に遭遇(骨髄炎で全治1年)

入院中に、本を読もうと思ったところ漢字が読めない事実が発覚。

漢字ドリルから勉強を始める。

(偏差値 27からのスタート)

 

21歳のときに大学受験を決意

 

22歳で國學院大學法学部に入学。

 

26歳で同大学を卒業。

 

大学卒後、フリーターに戻る。

 

28歳で司法書士試験合格。

大手司法書士法人に勤務。

 

29歳で独立。

表参道司法書士事務所を開業。

 

好きな言葉

「思考の中に未来がある」

お問い合わせはお気軽に

03-3470-1133

お気軽にお問合せ・ご相談ください。