相続発生後のタイムスケジュール その1

タイムスケジュール

相続のタイムスケジュールのポイント「3か月」と「10か月」

 

3か月」

この期限は「相続方法の決定」のタイムリミットです。

相続発生後3か月以内に、どのような方法で故人様の相続財産を引き継ぐかを決める必要があります。

 

相続発生後のタイムスケジュール

相続発生後のタイムスケジュール

 

「相続方法は3つ」

単純承認

方法1:単純承認

「単純承認」とは、相続発生後、居住地の管轄裁判所に何も申請しなければ、単純承認となります。

相続の原則通りなんの条件も付けずにそのまま相続を受け入れるという方法です。

相続の中で単純承認が最も一般的な相続方法です。

 

相続人は、故人様が残した相続財産のプラスの財産もマイナスの財産(借金)もそっくりそのまま受け取るということを意味します。

 

相続財産の中のマイナスの財産が少なく、あるいはマイナス財産が全くなく、プラスの財産ばかりの時には、単純相続をした相続人は経済的にプラスとなります。

 

しかし、もしマイナスの財産がプラスの財産よりも多い場合は単純相続した場合は、相続財産からそのマイナス(借金)を返済しきれないため、相続人が自らの財産で相続したマイナス(借金)を返済しなければならないことになります。

 

つまり、相続によって借金を背負ってしまうのです。単純承認を選択する場合には、このような状況に陥る可能性があるので、相続財産の調査を事前にしっかりとしておくことが重要です。

限定承認

方法2:限定承認

限定承認(げんていしょうにん)とは、民法上の制度であり、相続人が財産を相続するときに、相続財産を責任の限度として相続する方法です。

つまり、被相続人がマイナス(借金)を残していた場合、プラスの分だけを引き継ぎ、マイナス(借金)がプラスの財産を超えない範囲で相続することができます。

 このように、マイナス(借金)を相続したくないときに使われるケースが多いですが、現在あまり利用されていないとされています

使われていない理由としては、限定承認は相続人全員の同意が必要なため、だれか一人でも反対している場合はできない。

 

また、単純承認の場合は被相続人が取得した状態で引き継ぎますが、限定承認の場合は、被相続人が相続開始日にすべての資産を相続人に時価で譲渡したものとみなされ、譲渡所得税が課されること等が挙げられます。

相続放棄

方法3:相続放棄

相続放棄とは、相続人が被相続人から受け継ぐべき遺産のすべてを放棄する方法です。被相続人のマイナス(借金)財産が多く、相続財産に価値や魅力を感じられない場合や、被相続人の事業を特定の相続人(長男など)に引き継ぎを行う場合に、意図的に兄弟姉妹が相続放棄を行うこともあります。

相続放棄すると、初めから相続人でなかったものとして扱われるため、プラス財産もマイナス(借金)財産も受け継がないことになります。

※仏壇や、お墓、祭祀財産は引き継げます。

相続放棄は原則として相続発生から3か月以内に家庭裁判所に対し相続放棄をする手続きを取らなければなりません。

 

10か月」

この期限は「相続税の申告」のタイムリミットです。

相続税の申告は、相続発生の翌日から10か月以内です。

相続税は、相続財産をもらった人が相続財産の割合に応じて支払う税金です。

申告期間を過ぎると、ペナルティとして延納税(年14.6%)、未申告加算税(年515%)が加算されていまします。

 

ここで重要なのが、10か月という期間は決して長くはないということです。

相続財産や法定相続人を調べ、さらに相続人の人数が多く、遠方に居住している相続人がいると、遺産分割協議をまとめるのも一苦労です。

土地の相続税を減らすのに効果的な「小規模宅地の特例」という制度を使うにしても、遺産分割がまとまらなければ、使えなくなる可能性があります。

 

相続の争いは極力避け、進行のリミットを守ることが重要です。

代表司法書士 佐藤貴弘
資格

 

2013年 司法書士資格取得

 

エフピーステージ株式会社

戦略法人保険営業塾   講師

昭和61年3月8日 
広島県広島市出身

 

社長ストーリー「正しい情報で日本の相続・遺言を変えていく」

 

【専門分野】

事業承継・相続対策

・少数株主対策。

・株式買取請求対策。

・種類株式設計。

・事業承継における特別受益と遺留分減殺請求対策。

 

 

15歳で単身 広島から上京

18歳で通信高校を卒業

フリーター生活を送る中、19歳の時に交通事故に遭遇(骨髄炎で全治1年)

入院中に、本を読もうと思ったところ漢字が読めない事実が発覚。

漢字ドリルから勉強を始める。

(偏差値 27からのスタート)

 

21歳のときに大学受験を決意

 

22歳で國學院大學法学部に入学。

 

26歳で同大学を卒業。

 

大学卒後、フリーターに戻る。

 

28歳で司法書士試験合格。

大手司法書士法人に勤務。

 

29歳で独立。

表参道司法書士事務所を開業。

 

好きな言葉

「思考の中に未来がある」

お問い合わせはお気軽に

03-3470-1133

お気軽にお問合せ・ご相談ください。