遺言書作成・相続登記 

表参道司法書士事務所
の相続支援

「相続」は必ず誰でも起こることです。

いざ実際にその場面になると、残されたご遺族はとても複雑で煩雑な手続きに、日々を追われることになります。

 

何かと忙しい相続人の皆様に代わり、

  • 相続登記のサポート(遺産分割や不動産等の名義変更)
  • 有価証券、銀行預金等の名義書換

をそれぞれサポートいたします。


遺言書、相続相談初回相談  無料

相続放棄のサポート

相続で大事になってくることは、被相続人である亡くなった故人には「預金、不動産、有価証券などのプラスになる財産」と、「借金・負債などのマイナスの財産」の両方を、同時に引き継いでしまうことです。

 

万が一、被相続人から引き継いだ財産が、「マイナスの財産」の割合が多かった場合には、この相続によってあなたも借金を背負うことになります。当然ながら、相続人であるあなた自身の、財産を持っての返済をまで迫られてしまいます。

 

被相続人に借金があるケースでも、「相続放棄」という選択をすることで、被相続人の借金を追うことから解放することが可能です。ただ、「プラスの財産」である預貯金等も、一切引き継ぐことが出来ませんで注意が必要です。

 

借金が被相続人にあったことが判明した場合は、専門家へお早めに相談して頂くことが大切です。


遺言書、相続相談初回相談  無料

相続登記

不動産の所有者が死亡し相続が発生すると、その相続人に所有権が移転します。そして、その不動産の名義を変えるためには、相続登記の手続きが必要になります。被相続人名義のままではその不動産の売却や、担保に入れることもできません。速やかな相続人への名義変更がお勧めです。


遺言書、相続相談初回相談  無料

表参道司法書士事務所
の相続支援

遺言書作成(自筆証書・公正証書・秘密証書)

 

遺言は、被相続人が亡くなる前に、その最終の意思(想い)を形にし、死後にその内容の実現を図るものです。遺言は死後に効力が生ずるので、民法で定められ厳格な方式に従わなければなりません。

死人に口なし。せっかくの遺言が無効とならないよう専門家への相談が重要です。世間ではよく、相続問題で親族同士が骨肉の争いをしていることを耳にしますが、そのような遺産争いを未然に防ぐためにも、遺言をしておくことをお勧めします。 


遺言書、相続相談初回相談  無料

遺言執行業務

遺言執行者とは、遺言書に書かれている内容を実現するために、相続財産の管理や遺産分割をするなど、遺言を執行するに必要な一切の権利を持ちます。遺言者が亡くなり、相続が開始すると遺言執行者はすみやかに各相続人、受遺者の方々に対して、遺言執行者の就任の及び財産目録を作成してその旨を通知しなければなりません。その後、遺言執行者は、預貯金、不動産、株式等の財産の解約、名義変更等の遺言書に従った内容を実現するための各種の手続の責任を持って行います。

すべてのお手続きが完了したら、遺言執行者は遺言執行完了報告書を作成し、各相続人、受遺者にご報告し業務を完了します。遺言内容の円滑な実現のために、遺言執行者を予め選任しておくことをお勧めします。 


遺言書、相続相談初回相談  無料

遺言書の種類
代表司法書士 佐藤貴弘
資格

 

2013年 司法書士資格取得

昭和61年3月8日 
広島県広島市出身

 

千葉テレビの「ホリプレゼンツ求人任三郎がいく!」にて代表佐藤貴弘が芸人のホリさん、久野アナウンサーと共演致しました。(2017/7/7放送)

 

 

社長ストーリー「正しい情報で日本の相続・遺言を変えていく」

 

【専門分野】

事業承継・相続対策

・少数株主対策。

・株式買取請求対策。

・種類株式設計。

・事業承継における特別受益と遺留分減殺請求対策。

 

15歳で単身 広島から上京

18歳で通信高校を卒業

フリーター生活を送る中、19歳の時に交通事故に遭遇(骨髄炎で全治1年)

入院中に、本を読もうと思ったところ漢字が読めない事実が発覚。

漢字ドリルから勉強を始める。

(偏差値 27からのスタート)

 

21歳のときに大学受験を決意

 

22歳で國學院大學法学部に入学。

 

26歳で同大学を卒業。

 

大学卒後、フリーターに戻る。

 

28歳で司法書士試験合格。

大手司法書士法人に勤務。

 

29歳で独立。

表参道司法書士事務所を開業。

 

好きな言葉

「思考の中に未来がある」

お問い合わせはお気軽に

03-3470-1133

お気軽にお問合せ・ご相談ください。